SpiceWorx

大学生インターンが見た、フィリピン「大学生向け異文化体験研修プログラム」

Day 1 ~Learning about Philippine~

Aug 24 2018 Be the first to comment!
Rate this item
(0 votes)

Hi! こんばんは!

今日は、フィリピンの経済、歴史、文化について、Cross Cultural Communicationについて学びました。

経済の授業では、昨年よりも、日本の経済や、経済用語についての知識を持っている人が多いように感じました。

 

KEISUKEさんによるCross Cultural Comunicationの授業では、打ち解けた様子でみなさん楽しんで学んでいました。

コミュニケーションスタイルには、High ContextとLow Context の2つのパターンがあり、前者は互いの共通認識が深いため、すべてを言葉にしなくても、理解できること、後者は互いの共通認識が浅いため、すべてを言葉にしなければ、伝わらないということです。

日本は世界の中で最もHigh Contextな国で、察するや空気を読むなどが代表例です。

 また、Describe, Interpret, Evaluateがコミュニケーションの3大柱であるということも学びました。

 

続いて、フィリピンの歴史についての授業では、日本がフィリピンを一時占領していたことに多くの立教生が関心を持ったようで、

とりわけ、「バターン死の行進」と呼ばれる日本軍によるフィリピン人の強制移動や、妻子を日本兵に殺されてしまった「キリノ大統領」の葛藤の末に下した決断により、今の日比の関係が築かれていることが印象に残ったようです。

 

最後のCris先生によるフィリピンの文化についての授業では、UPの学生によるプレゼンテーションもふまえて、

みなさん楽しそうに学んでいました。

 

長い授業を終えた後は、みなさんお待ちかねのJeepnyに乗ってUPキャンパス内を探検しました!

UPの生徒と会話したり、写真を撮ったり、みなさんとても楽しそうでした(*^▽^*)

 

 

明日は、プログラム前半の山場です。みなさんよく休んでくださいね!

それでは明日!

 

Read 25 times Last modified on Aug 27 2018

Leave a comment

Make sure you enter all the required information, indicated by an asterisk (*). HTML code is not allowed.