SpiceWorx

大学生インターンが見た、フィリピン「大学生向け異文化体験研修プログラム」
Blog

Blog (34)

“Blogging is to writing what extreme sports are to athletics: more free-form, more accident-prone, less formal, more alive. It is, in many ways, writing out loud.” - Andrew Sullivan

Hi! こんばんは!

ついに今日は異文化体験プログラムの最終日となってしまいました。

立教生のみなさんは、あっという間に感じているのではないでしょうか?

 

午前中は、今までの振り返りに入る前に、ちょっとした頭の体操をし、自分たちの考えを整理しました。

 

フィリピンに来て感じたこと、新たに気が付いたこと、自分にとってのChangemakerとはどのような存在か、など

それぞれの考えをみんなでシェアして、より深く理解ができたと思います。

人によって、考え方はそれぞれであり、その違いを受け入れることが大切であると、改めて実感しました。

 

午後は、グループごとに今までの成果を発表してもらいました。

準備の時間では、みなさん楽しかったことや、日本との違いを感じたこと、驚いたことなど、フィリピンでの様々な体験を振り返り、プレゼンテーションに向けてディスカッションしていました。

 

 

どのグループも、活発な話し合いが行われ、分担して準備をしていて、チームワークの良さを感じました。

 

発表の時間では、SpiceWorxのメンバーにも伝わるように、みなさん一生懸命英語でプレゼンテーションしていました。

この期間で感じたことを発表する中で、

①フィリピン人と日本人の考え方の違いを学んだ

②英語力をもっと向上させたい

③SDGsの勉強を通じて、何かアクションをしたいと思った/協力することが大切だとわかった

④コミュニケーションをとること、様々なコネクションを持っていることが大切

⑤フィリピン人は優しくてフレンドリーだった

などが、どのグループにも共通して挙げられていました。

 

 

また、どのグループも異なる観点から、今までの振り返りをしていて、見ている側にも、

立教生のみなさんが充実した期間を過ごし、自分とよく向き合い、それぞれが成長しているように感じました。

 

そして、最後にお疲れさまパーティーをしました!

みなさん美味しそうに食べていました(*^_^*)

 

 

明日の出発に向けてよく休んでくださいね!

また明日!

 

Hi! こんばんは!

早いもので、もうプログラム期間も残りわずかとなってしまいました、、、。

 

今日は立教生の方とUP内を散歩してきました!

先週までは雨が続いていたのですが、最近は晴れの日が続いていて気持ちがいいです!

 

 

UPの敷地はとても広くて、一つの街のようで、Jeepneyに乗って移動しないと次の授業に間に合わないこともあるそうです。

緑も多く、キャンパス内には大きな公園が2つあり、近所の人などがジョギングをしている姿も見かけました。

 

また、こちらでは日傘代わりに普通の傘を使う人が多いことに驚きでした。

 

日差しを何でもいいから遮れればいいそうです(笑)フィリピンの人々は大らかですね!

 

UPキャンパスには様々なお店があり、Chokolate Kiss というカフェでお昼を食べました!

とてもボリューミーで美味しかったです!

 

 お昼時ということもあって、とてもにぎわっていました.

 

明日は、いよいよこのプログラムの総仕上げです!立教生のみなさんが悔いなく過ごせていたらうれしいです!

今日もよく寝て、明日に備えてくださいね(*^_^*)

 

また明日!

Hi! こんばんは!

今日は異文化体験プログラムの2日目です!

 

午前中は、Cris先生によるタガログ語の授業が行われました。

いくつか習ったものを紹介します。例えば、

Ako po si... = My name is... / Tayo = Us / Po = Plite word

などです!

英語とは違った発音に苦戦しているようでしたが、みなさん楽しそうにタガログ語を使って会話の練習をしていました。

 

あいにくの雨だったため、そのまま教室で"Save the Rhinos" というワークショップを行いました。

グループごとに、ピンポン玉をサイに見立てて、紙とテープやペンなどの材料を組み合わせて、

船を作り、すべてのサイを救おうというものです。

 

ここでは、「一人の力は小さいが、みんなが協力すれば大きな力となり、どんなことも乗り越えられる」という、

”協力すること”の大切さを学びました。

 

これは今年のプログラムのメインテーマである、SDGsを「一人の力で解決するのではなく、みんなで協力し合って解決することが大切である」というメッセージが込められていました。

 

また、休憩・昼食時には、UPの学生との会話も盛り上がっていました!

 

 

午後には、立教大学・フィリピン大学双方の最も大事だと思うSDGsのトップ5を発表しあい、

互いに共通して大事であるSDGsのテーマをディスカッションを通じて選び、プレゼンテーションを行いました。

こちらは、プレゼンテーション後にみんなで撮った写真です!

 

 昨年、私が参加した時は、UPの学生の会話についていけず、悔しい思いをしたのですが、今年は、ディスカッションの時も怖じ気ずに、

英語で自分の意見を発言し、積極的に参加していたのが印象的でした。素晴らしい!!

 

立教生の何人かに聞いてみたところ、「参加前は発言できるか不安だったけど、意外と発言できた!」、「とても楽しかった!」といった

感想が多く、初日よりもみなさん生き生きとして、自信にあふれているように感じました。

 

この調子で、残りの期間も少しずつ成長していってもらえたらいいなと思います。

 

みなさんお疲れ様でした(*^_^*)

また明日!

 

Hi! こんばんは!

今日は、フィリピンの経済、歴史、文化について、Cross Cultural Communicationについて学びました。

経済の授業では、昨年よりも、日本の経済や、経済用語についての知識を持っている人が多いように感じました。

 

KEISUKEさんによるCross Cultural Comunicationの授業では、打ち解けた様子でみなさん楽しんで学んでいました。

コミュニケーションスタイルには、High ContextとLow Context の2つのパターンがあり、前者は互いの共通認識が深いため、すべてを言葉にしなくても、理解できること、後者は互いの共通認識が浅いため、すべてを言葉にしなければ、伝わらないということです。

日本は世界の中で最もHigh Contextな国で、察するや空気を読むなどが代表例です。

 また、Describe, Interpret, Evaluateがコミュニケーションの3大柱であるということも学びました。

 

続いて、フィリピンの歴史についての授業では、日本がフィリピンを一時占領していたことに多くの立教生が関心を持ったようで、

とりわけ、「バターン死の行進」と呼ばれる日本軍によるフィリピン人の強制移動や、妻子を日本兵に殺されてしまった「キリノ大統領」の葛藤の末に下した決断により、今の日比の関係が築かれていることが印象に残ったようです。

 

最後のCris先生によるフィリピンの文化についての授業では、UPの学生によるプレゼンテーションもふまえて、

みなさん楽しそうに学んでいました。

 

長い授業を終えた後は、みなさんお待ちかねのJeepnyに乗ってUPキャンパス内を探検しました!

UPの生徒と会話したり、写真を撮ったり、みなさんとても楽しそうでした(*^▽^*)

 

 

明日は、プログラム前半の山場です。みなさんよく休んでくださいね!

それでは明日!

 

Hi! こんばんは!

ついに、異文化体験プログラムが始まりました!

去年とは違った側から、このプログラムに参加できるので、私もとてもワクワクしています!

 

こちらは、オリエンテーション時の写真です。みなさん集中して聞いていました。

 

オリエンテーション後には、どの食べ物や飲み物は大丈夫なのか、治安はどんな感じなのかといった、

食事や安全面についての質問を多くされました。

しかし、せっかくフィリピンに来たのだから、不安がって何も体験しないよりは、できる限り多くのことを楽しんでもらいたいので、

少しでもサポートできればいいなと思いました。

 

夕食の頃には、すっかり緊張も溶けたようで、SpiceWorxのメンバーと話したり、安部さんから仕事についてお話を聞いたり、

それぞれが楽しそうに過ごしていました。

 

私も、立教生と食事中会話したのですが、参加するフィリピン大学の生徒はどんな感じなのか、英語で話せるか不安だ、

海に行きたい!、マンゴーをたくさん食べたい!、などプログラムに対する様々な感情が見え、去年参加した時の、自分を思い出しました。

 

9日間というのはあっという間です。

立教生のみなさんが、悔いなく、楽しんで過ごし、何か得て日本に帰ることができればいいなと思います。

これから充実した9日間の幕開けです!!

\Welcome to the Philippine!!/

 

 

それでは、また明日!