SpiceWorx

大学生インターンが見た、フィリピン「大学生向け異文化体験研修プログラム」
Blog

Blog (34)

“Blogging is to writing what extreme sports are to athletics: more free-form, more accident-prone, less formal, more alive. It is, in many ways, writing out loud.” - Andrew Sullivan

 

こんばんは。

 

 

 

Jeepney Tour での1枚です。

 

3日目にしてようやく仲間とも打ち解けてきたようです。

 

ここでは研修の思い出を記録するDVDのための撮影を行いました。

 

研修終了後に完成予定です。

  

本日はフィリピンの歴史と文化を学び、

 

Jeepney Tour に行ってきました。

  

座学ではどうやら昨日の疲れが残っており、

 

興味があるものの、少し静かなスタート。

 

昨日の雷雨とは裏腹に、

 

晴天に恵まれJeepney Tourは暑くて暑くて。

 

UPキャンパス内を観光しました。

 

「キャンパス広いなあ」とちらほら聞こえてきました。

 

ズバリその通りでとても広大なキャンパスです。

 

午後からは待ちに待ったUP学生とのワークショップです。

 

 

 

学生たちは英語を使って、

 

コミュニケーションを取れたでしょうか。

 

絵を描いたり、ジェスチャーを使ったりと

 

さまざまな手段で考えや思いを伝えていました。

 

これはとても重要なことです。

 

もちろん英語で伝えることも重要ですが。

 

昨日は「英語に自信がない。」

 

「コミュニケーションがとれなかったらどうしよう。」との声があっただけに、

 

少し不安がありましたが、

 

楽しそうにワークショップに取り組んでいて安心しました。

 

終わってみると学生たちは、

 

安堵の表情を見せながらも疲れきっていたようでした。

 

お疲れ様でした。

 

学生たちはワークショップを経験し、

 

何を感じ、何を考え、

 

これからの人生にどのように生かしていくのでしょうか。

 

今日の出来事を振り返りながら、

 

就寝して頂きたいものです。

 

 

 

 

 

工藤 圭祐

 

 

 

 

こんにちは。

 

講義終了後の1枚です。

  

スタートから2日目。

 

学生たちはどのような1日を

 

送るのでしょうか。

 

疲れの抜けない身体に鞭を打つかのように起床し、

 

朝食をとる様子が印象的でした。

 

 

午前中はオリエンテーションを行い、

 

まずはフィリピンの経済概要に関する講義をうけました。

  

全員が講師のお話に耳を傾け、

 

知らないことばかりでメモ取りに必死のようでした。

 

とても有意義な時間を過せたことでしょう。

 

 

 

続いて、異文化コミュニケーションのワークショップでは、Silent で行う Card game に挑戦し、

 

ルール説明などをする手段はジェスチャーのみなので、

 

苦戦していたようです。

 

  

昼食はJolibee(フィリピンの代表的なファーストフード店)からデリバリー。

 

学生たちのお口には合ったのでしょうか。

 

「日本のお米よりもパサパサしています。」と微笑みながら、

 

美味しそうに食べていました。

  

 

午後は旅行会社さんによる

 

ツアーのため、私たちSpiceworx 一同は同行せずにお留守番。

 

市内観光を予定しております。

 

 

お土産話がとても楽しみです。

 

 

明日はUP学生と共にワークショップに挑戦です。


明日も1日元気にがんばりましょう。


 

学生の皆さんお土産ありがとうございました !

 

 

工藤 圭祐

 

 

 

 

こんばんは。 

 

夕食時の1枚です。

  

 

立教大学生たちは大渋滞に巻き込まれ、

 

約1時間遅れの到着となりました。

 

 

いよいよ本日(8/26日)から

 

立教大学生の「異文化体験研修プログラム」がスタートしました !!

  

 

同時に、私が投稿するブログもスタート致します。

 

改めてよろしくお願い致します。

 

 

本日は、参加者18名が午後に入国し、

 

フィリピン大学(以下 UP)へ到着後、

 

近くにあるフィリピン料理レストランで夕食をとりました。

 

 

台湾経由でマニラまで約7時間のフライトと約3時間のバス移動もあり、

 

とても疲れている光景が見受けられました。

  

 

その中には、まだまだ元気溢れる学生もおり、

 

夕食後も宿泊先ホテルの食堂で、歓談している様子がありました。

  

 

到着後にお話しした学生の中には、

 

「フィリピンの方とコミュニケーションをとりたい!特にUP学生との交流が楽しみです。(KEIさん)」や

 

「はじめての海外なので、雰囲気に慣れたい。企業訪問も楽しみです。(TOMOさん)」など、

 

それぞれが異なった目標を持ち、

 

約1週間のプログラムを楽しみにしているようです。

  

 

立教大学生がこの「異文化体験研修プログラム」を通して

 

どのように成長していくか(考え方や捉え方、自己目標の達成など)、

 

またその過程もとても楽しみです。

 

 

工藤 圭祐

 

 

 

 

 

 

こんばんは

 

 

 

 

飛行機からの1枚です。

 

 

日本から約4時間。

 

フィリピン本土がくっきりと見え、思わずシャッターを切りました。

 

 

 

 

 

 

先週の8月15日から

フィリピンのマカティ市にあるSpiceWorx

インターンシップをさせて頂いている

 

工藤圭祐です。

 

約3週間のインターンシップになります。

 

 

 

 

 

はじめましてということで

 

自己紹介並びに

 

私の主なインターンシップ内容をご紹介させて下さい。

 

 

 

 

 

私は宮城県仙台市出身で、

 

仙台市にある東北学院大学4年生(在学中)です。

 

SpiceWorxを経営しております安部 妙(Tae-Abe-Abion)さんとご縁があり、

 

インターンシップを受け入れて頂きました。

 

 

 

 

インターンシップ内容についてです。

 

 

 

1.スタディツアー運営スタッフ

 

チームとして

立教大学生の「異文化体感プログラム スタディツアー」運営の全般において、

 

SpiceWorx スタッフとして参画する。

 

 

 

  個人としては

 

  1. 日本の学生や大学の先生、グローバル人材育成プログラム企画担当者など向けの「異文化体感プログラム スタディツアー」に関するブログの制作。

  2. 「異文化体感プログラム スタディツアー」に関するビデオ制作。

  3. 「異文化体感プログラム スタディツアー」を通して学生の成長を記録する。

 

 

 

 

 

以上が私の行う仕事となります。

 

 

 

とてもやりがいのある仕事になると実感しております。

 

 

 

先ほどご紹介致しましたブログは

「異文化体感プログラム スタディツアー」実施期間中(8月26日から9月3日まで)

毎日更新致します。

 

 

 

短い間になるかもしれませんが、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

工藤 圭祐